トップ

2019-08-19 (Mo)

_ Android が crash

昼休み、スマホを使ってたらいきなりシャットダウンした。crash したらしい。

起動時の PIN コード入力画面で「xxx が繰り返し再起動しています」みたいなメッセージが 表示されたけど、いつもの PIN コード入力画面だと思って画面を触ってしまったので、 メッセージに気づいた時には既にメッセージが消えた後だった。

これを契機にいくつか変化があった。

  • 画面下部のボタンが2つに変わった

    Android P からこうらしいけど、P にしてもそれまで3つだった。

    2つにするか3つにするかの設定を見つけた。この設定が変わった?

    P にしてから確かに Android バージョンには 9 と表示されていたし、 ビルド番号も変化してなさそうなので、私がアップデートを crash と勘違いしてる、 ということもないと思う。

  • Bluetooth イヤホンのボリュームが小さくなった

    OS 管理のボリュームとは別にイヤホン自身もボリュームを持ってて、そっちが小さく なったらしい。右側イヤホンのボタンをダブルクリックするとボリュームが上がるので、 それで上げていったらいつも通りのボリュームになった。

以下メモ。

  • 端末: ASUS ZenFone Max (M2) ZB633KL
  • ビルド番号: OPM1.WW_Phone-16.2018.1906.47-20190704
  • イヤホン: GLIDiC Sound Air TW-7000 SB-WS72-MRTW/BK

というか、OS 更新時にもう一度再起動が必要だっただけったりするかも? crash は別として。

logcat 見たけど、beginning of system からしか残ってない。使えねーー


2019-08-18 (Su)

_ android P

https://developer.android.com/about/versions/pie/android-9.0-changes-all?hl=ja

StrictMode クラスを開発ツールとして利用すると、デベロッパーはコード内の問題を検出しやすくなります。

ほほう。便利そうなものが。

その他はあまり面白そうなものはなかった。

_ 夏休み終了

やったこと。

  • BERT を試した。結局失敗。
  • Zenfone MAX (m2) アップデート。
  • 日記のデザインを変更。
  • 日記に画像が表示されない原因の究明・解決。
  • neologd 版 mozc-ut に対するパッチを更新。
  • 岡山散策。
  • golang 勉強。途中まで。
  • 新しめの android sdk の勉強。

なんか取り留めがないけど、予定が何もなかったわりには、いろいろやったな。

明日から仕事。 いろいろ頭からすっかり抜けてしまってるので、詰めなおさないと。


2019-08-17 (Sa)

_ android q の storage

https://www.dream-seed.com/weblog/android-q-scoped-storage

なお、単純な権限だけの変更ではなく、Android Qでは外部ストレージを使用するアプリの場合、各アプリが独立したサンドボックスを用意するとのこと。つまり、原則的には他のアプリが使用しているデータには、別アプリからアクセスが出来なくなります。

やったーーー!!

ちなみに、アプリをアンインストールすると、このサンドボックスはクリアされるとのことです。

えぇ?? 今までの Files とどう違うのだろう…

https://developer.android.com/preview/privacy/scoped-storage?hl=JA

これかな。あとで読もう。

そういや 8.1 や 9 も勉強してない。そっちも勉強しないと。

_ 岡山を散策

ちょいと岡山を散策してきた。というか私が住める地域かどうか見てきた。

地域的にはいいかなー。岡山駅行けばご飯食べるところはいっぱいありそうだし。 緑や川は少ないし。

ただ、ゴミをいつでも出せるわけではないみたい。昔ながらの週1朝8時。 そこが残念だけど、あの辺だと「いつでも」は望めないかも。

そういやコンビニが少なかったな。

帰り、新大阪で乗換移動中、ラーメン屋があった。 メニューの豚骨が真っ白だったので入ってみた。

真っ白な豚骨! 細いストレート麺! 美味い!

大阪でこの豚骨に出会えるとは。さすが大阪。

_ 日記に画像が表示されない原因

tdiary-contrib#213

まさにこれだった。修正されてた。

ま、そのうちリリースされるっしょ。手元で修正しとこ。

_ ClariS / SUMMER TRACKS

んー。

タッチとか… めっちゃ該当世代やw

それはともかく、 めでたく summer が出たので、autumn と winter もまぁあるのだろうな、 と思った。

spring っていつ出たんだっけ? と思って確認したところ、3年も前なのな。 去年かせいぜい一昨年くらいと思ってた。歳だなー。

_ external files

https://developer.android.com/preview/privacy/scoped-storage?hl=JA

こう?

  • getFilesDir

    • 内部ストレージにある
    • OS が勝手に削除しない
    • ユーザは設定画面から削除できる
    • 他のアプリからアクセスできない
    • アプリのアンインストール時に削除される
  • getExternalFilesDir

    • 外部ストレージにある(エミュレートされてるかもしれない)
    • OS が勝手に削除しない
    • ユーザはファイラーアプリを使って削除できる →できなくなる
    • 他のアプリからアクセスできる →できなくなる
    • アプリのアンインストール時に削除されない →削除されるようになる

両者の違いは、

  • 存在する場所が違う (使える容量が違う?)
  • ユーザが削除する手段の有無

だけになるのかな。

そして、

来年度のメジャー プラットフォーム リリースでは、ターゲット SDK レベルに関係なく、すべてのアプリで対象範囲別ストレージが必須となります。

なかなかに凶悪。

_ Android 8.0 再確認

https://developer.android.com/about/versions/oreo/android-8.0-changes?hl=ja#o-sec

アプリのネットワーク セキュリティ構成がクリアテキスト トラフィックへの対応をオプトアウトした場合、

お、どこでできるのだろう。

_ Google Wifi の DNS 設定を変更

どうも最近ね、xxx.masm11.me が LAN を向いてると、 Google Wifi が名前解決した結果を捨ててるみたいなんだわ。

これきっと、外部のサーバを向いてるつもりが LAN 内部のサーバにつながってて、 そこからの情報を漏洩しちゃいました (*ノω・*)テヘ を防ぐため、だと思う。 これを防ぐために、内部の IP アドレスを返すようなクエリは全て失敗させてる んだと思う。

で、どーしよっかなー、と考えて。

Google Wifi に 1.1.1.1 を使わせることにした。 あの挙動は 8.8.8.8 を使ってる時のみっぽい。


2019-08-16 (Fr)

_ BERT 学習失敗

どうにもメモリ不足ばかり起きるなぁ。

これで大丈夫だろう、と思って一晩放置してたのに、 やっぱりメモリが足りない。

うぬー。

と思いつつメッセージを良く見ると、No space left on device だった..

えー。ディスク何GB割り当ててたっけ…

学習データを 1/10 に減らした。学習終わらねー…… (別に 1/10 にしたからではないけど)

_ golang を勉強してみる

夏休みも 2/3 が終わり、あと3日。

golang でも勉強してみようかな、と。

ただ、やりたいものはないけど。

https://qiita.com/tfrcm/items/e2a3d7ce7ab8868e37f7

↑ざっくり紹介されてる。

  • ポインタ

    あることはわかるけど、説明がほとんどなくて、どの程度のことができるのかわからん。 配列の中を指して p++ とかできるのだろうか。

  • 構造体と関数

    関数が変数に入れられるのはいいね。

    関数を構造体と紐付けられる機能もいい。素晴らしい。 別に普通に引数で渡せばいいんだけど、それじゃ interface が作れないってことか。

    u1 := new(user) は、どこに確保するのだろう? GC あるのかな。

https://www.yunabe.jp/docs/why_golang_is_good.html

↑ちょっと待って。例外がない??

んーまー、確かに、使い方を間違えると、変な挙動はするかもしれないけど…

学習コストが小さいってのは、まぁいいことかも知れんな。 Web application framework で Go で書かれたやつ、あるのかな。 Ruby って結構重いよね… (うちの新人が苦労してる…)

さて、特徴は掴んだので、どこで勉強しようかな。

https://tour.golang.org/basics/1

↑ここかな。

日本語版もあって、読んでみたけど、日本語が理解できなくて英語版にするという… 例えば↓この辺。

英語版:

By convention, the package name is the same as the last element of the import path. For instance, the "math/rand" package comprises files that begin with the statement package rand.

日本語版:

規約で、パッケージ名はインポートパスの最後の要素と同じ名前になります。 例えば、インポートパスが "math/rand" のパッケージは、package rand ステートメントで始まるファイル群で構成します。

英語の方が解りやすい… 「構成します」→「構成されています」ならまだ解るかなぁ。

Unlike C, Go has no pointer arithmetic.

やっぱできないのね。ポインタのポインタもなさそうだし。 何故ポインタがあるか、っつーと、その中身を書き換えたいからかな。 ポインタを引数として渡したり、ポインタをレシーバにしたり。 基本的に全てコピーを渡すから、書き換えて返したかったらポインタを渡すしかない、と。

スライスって結構複雑だと思う。なんで配列とは別に存在するのかな。 配列がベースにあるってのは解るけど、それを機能として使えるようにしなくても… という気はする。

練習問題で適当に作ってたらどっかで見たことのあるような画像ができあがった。

どこかで見た模様

スライスが終わった辺りで疲れて読む気をなくした。あとは明日かな。

_ schoo 超久しぶりに受講

今だに http なんだなぁ。 お試し受講だからじゃないよなぁ。 お試しでそんなところが変わるとは思えないし。

あと、まだ Flash 必須なのかと思ったら、 実は HTML5 に移行してた? ヘルプが古いのか。 更新すればいいのに...

「潜在記憶の有効活用法」

じゃなくて、いかに潜在記憶に振り回されずにコミュニケーションするか、って話になってて萎えた。全然有効活用してないじゃん!

ま、とは言うものの、タイトルとは違うけど、コミュニケーション講座だったと思えば、わりと有意義だった気がする。

リアルタイム受講中に http か https かは見るの忘れてた。

ところで、「月額980円で録画授業が見放題!」って高いよなぁ... どんだけ自信あんねん…

_ 画像が表示されない…

今、この日記に画像が表示されてない。

css のせいかと思ったけど、ブラウザが受け取った HTML が既におかしいので、 css は無関係。

プラグインがうまく動いてないのかな。

と思ったけど、amazon は問題ない。

tdiary 5.0.12 の時に contrib のプラグインが使えない問題があったそうな。 それの再発?? と思ったけど、同じく contrib に入ってる mathjax は問題ない。

amazon の書影も mathjax の画像も、ちゃんと表示されてる。

image_ex だけか… 何が起きてる…

寝よ。


追記 パスワード変更